全日制演技科

※卒業公演は「ais project」のチームとして先輩俳優陣と2020年3月頃上演!!Tooltip Text

⭐️2019年度の募集がスタート!

JEA全日制 演技科

「全日制演技科」で1年間、演技・ダンス・殺陣・アクションを学ぶ!

JEA全日制 演技科

全日制演技科は1年で本物の演技と実力を着ける本格カリキュラム。
2020年春に予定されている卒業公演「ais project」で、学んだすべてを開花させる!
北村諒、越智友己、冨永竜などの先輩たちに続きJME所属への道が開けます。
さあ、あなたもトライしてみませんか?

全日制演技科の先輩、プロダクションais所属の先輩に聞いてみよう!

 

Q1. 全日制で何を学んでいる?

レッスンとしては演技、ダンス、殺陣、アクションなどです。
他にも普段から心がけることとか 自分を高めるために大切なこととかも学んでいます!

Q2. 週4日のレッスンは自分にとってどうか?

週4回って多いようですが体感時間は短いです!すぐ1週間がすぎてあっという間です!
毎日楽しく通ってます!

Q3. レッスン以外の芸能活動は?

今はしてないです。
どこにいても誰に観られても恥ずかしくないように修行中です!

Q4. バイトなど生活面との両立は?

できます!
むしろ時間の使い方がうまくできて充実しています!

Q5. 将来目指しているのは?

誰かの糧になれる役者。
私の糧になった人に貰ったものを他の人にも渡したい!

Q6. 初舞台「ais project」への気持ちは?

不安と期待でドキドキです。
が!目指す先に近づく第1歩!
全力疾走で頑張ります!!!

伊戸奈 楓

全日制演技科

 

Q1. aisに所属となり、どんな芸能活動をしているのか?

普段は舞台やドラマのオーディションを受けています。
正直、学ぶことばかりです。
オーディションでは度々新しい壁にぶつかり、舞台や映像の現場でも自分の未熟さを痛感していますね。
でもそれは新たなチャンスだと思って必死に食らいついています!
大変ですが充実した日々です。

Q2. JEAでどんなことを学んだか?(コースなど)

僕はエンターテインメントコースを選んだので、演技だけではなく、バレエやボイストレーニングも学んでいます。ダンスや歌に触れることで、演技での自分の身体や声に対する意識も変わったと思います。

Q3. JEAに入る前と入った後で自分が成長した、と思えるところ

もともとすぐに悩んでしまう性格でした。
JEAに入ってからは毎回のレッスンにオーディションのような緊張感があって、日々自分を表現しなくちゃいけなかったです。
だから良い意味で悩んでる余裕はなくなっていきましたね。
悩んで一瞬立ちすくんでしまう時こそ、前に出ていってアピールしようと思うようになりました。

Q4. JEAはどんなスクール?

日頃からスタッフやマネージャーの方々、先生方との距離がとても近く、なんでもすぐに相談できるスクールです。

だからこそ僕がチャレンジしたいことを伝えた時に、必ず応援してくれるのが嬉しかったです。
どんどんやりたいことに挑戦できるからこそ、貪欲になれば掴めるチャンスが多い環境だと思います。

Q5. 今後何を目指しているのか?

俳優として憧れる方は沢山います。
でもそういう人達を追いかけるだけじゃなくて、追い越して、”南舘優雄斗”の個性を持ち味として活かせる俳優になりたいです。

Q6. 舞台「ais project」への思い。

稽古中ですが、毎回のように事務所の先輩方や共演者の方々、そして演出家の菅野臣太朗さんから刺激を沢山受けています。

もちろん、たくさんの人に見てもらいたいですが、中でも特に僕と同じくらいの年代の人に見てもらいたいです。
ちょうど年度の変わるタイミングで、環境の変化や新しい生活のスタートで、つまづいたり悩んだりしている人達がいると思います。
そんな人達に一歩を踏み出す元気を与える作品になっています。

南舘優雄斗

ais所属

2019年度 全日制演技科 生徒募集のお知らせ

舞台で、テレビ、映画で輝きを放つ役者たち。
苦労してその場所に立つことのできた人。
スカウト等でチャンスをつかんだ人。色々です。
しかし仕事として長くこの世界で生き抜くためには
ラッキーを待っていても道は開けません。
自らチャンスを掴み取る行動と、その場所に行きつくための実力が必要です。

総合芸能プロダクション、ジャパン・ミュージックエンターテインメントの経営する養成機関ジャパン・エンターテインメント・アカデミーが2017年にスタートした『JEA全日制演技科』は確かな実力を身に着けられる1年間の骨太の養成コースです。
ミュージカル「忍たま乱太郎」、魔劇「今日からマ王」、舞台「薄桜鬼SSL」などで活躍の脚本、演出家、菅野臣太朗をはじめ実力派の講師陣が現場に立つ際に必要な知識、技術を指導します。
また年度末の卒業公演を通じて実践的演技を体感します。

熱心な講師陣が本気の指導!
卒業公演まで1年間頑張った仲間と夢の1歩を進みましょう!

ジャパン・エンターテインメント・アカデミーが2017年にスタートした『全日制演技科』は確かな実力を身に着けられる1年間の骨太の養成コースです。

ミュージカル「忍たま乱太郎」、魔劇「今日からマ王」、舞台「薄桜鬼SSL」などで活躍の脚本、演出家、菅野臣太朗をはじめ実力派の講師陣が現場に立つ際に必要な知識、技術を指導します。
また年度末の卒業公演を通じて実践的演技を体感します。
卒業公演まで1年間頑張った仲間と夢の1歩を進みましょう!

俳優に必要な3つの柱

1 声と体の教養

2 発想力・想像力・創造力

3 脚本の解釈力・読解力

これらを軸に1年間の本格カリキュラムを学びます。

JEA全日制演技科の魅力紹介

1 確かな技術をしっかり習得

JEA全日制演技科は1年制。
演技、ダンス、殺陣を基礎から学べます。

2 アットホームな稽古環境

地上5F、地下1Fにレッスンスタジオ、先生や仲間と語らうサロンも併設。
一生の友、ライバルを見つけよう。

3 プロダクション直営で業界直結

総合芸能プロダクション、ジャパン・ミュージックエンターテインメントの経営だからチャンスがいっぱい。
他プロダクションへのプレゼンテーションも実施。

4 充実の稽古設備

55㎡のスタジオ2部屋と37㎡のスタジオ。
更には個人レッスンなどに使えるブース3部屋を擁し、広く深く稽古をサポート。

5 芸能の中心新宿はエキサイティング

エンターテインメントの今を発信し続ける街で、感性に磨きをかけて。

☆体験レッスン、簡単応募は6月以降に実施予定です。

カリキュラム

午前 演技Ⅰ
年37回
演技Ⅱ
年37回
演技Ⅲ
年37回
午後 ダンスⅠ
年37回
殺陣・
アクション

年27回
5月スタート
ダンスⅡ
年37回
ダンスⅢ
年37回

※ゴールデンウィーク、お盆、年末年始は休講。

全日制演技科生徒の特典

※下記が全て無料となります!

1 有名映画監督による映像ワークショップ(1回4時間×年3回)

☆受講料(在校生価格):レッスン5,000円+税

2 宣材写真撮影(10月)

ヘアメイク付、プロカメラマンが2パターン撮影

撮影したデータは全てお渡し致します。

☆撮影代(在校生価格):男性9,000円+税・女性 11,000円+税

3 業界関係者へのプレゼンテーション参加可能

開催時期:毎年10月〜11月間の1日

4 JEAイベント観覧

5 JMEグループ・講師・在校生出演の舞台・ライブに優先的に招待致します。

6 傷害保険料:約12,000円 (レッスン中の怪我等を補償致します。)

 

募集要項

定員 30名
応募資格 2019年4月1日時点で18歳以上の男女(高校生不可)
締切 ①第1次:2018年8月31日(金)必着 入学金100%免除

②第2次:2018年 9月30日(日)必着 入学金70%免除

③第3次:2018年10月31日(水)必着 入学金50%免除

④第4次:2019年1月31日(木)必着 入学金の免除はございません

選考方法 書類審査後、面接。

合否は面接後3〜5日、合格者のみ書面でお知らせします。

宛先 〒160-0022 東京都新宿区新宿1-31-12 JMEビル2階

ジャパン・エンターテインメント・アカデミー全日制演技科 行

問い合わせ ジャパン・エンターテインメント・アカデミー全日制演技科

TEL:03-3357-1135  FAX:03-3357-4464

MAIL: info@jme-academy.com

電話受付時間:12:00~19:00

応募方法 所定の入学願書に必要事項を記入し返送

※要資料請求(入学願書は資料に同封されています。)

出願から入学までの流れ

出願
募集要項締切欄 ①〜③ の通り

 

面接
書類審査合格者のみ連絡致します。合格から1ヶ月以内

 

合格通知
面接日から3〜5日以内に書類で通知

 

入学金

授業料納付

面接後の合格通知から、約1ヶ月以内。

☆入学金免除特典をより安く得るためには、早期に出願し、合格通知後の翌月末までに学費の一部を納めて下さい。

期日を過ぎると特典を得られませんのでご注意ください。

 

学生証発行
授業料納付済みの方に学生証を発行

 

入学
4月。ウィークリーカリキュラムがスタート

2017年度 全日制演技科の記事が月刊オーディションに掲載!

 

禁無断転載©株式会社白夜書房

2017年度生の卒業公演でJMEグループの先輩達との上演決定!

菅野臣太朗(JEA全日制演技科)

MESSAGE
「なりたいもの」ではなく「やりたいこと」を本気で探している人。
「やりたいこと」ではなく「求められること」を本気で探している人。
「とにかく舞台をやりたい」と強い衝動に本気でかられている人。
そして、本気で舞台俳優を目指している人。
以上に1つでも当てはまるアナタはおいで下さい。
僕の知っている全て教えます。

Instructors

【殺陣・アクション】

Share This